COMPANY 企業情報

 

沿革

製品の歴史
会社の歴史

1950〜60年代

1952年

現名誉会長・赤澤庄三は大阪大学薬学部の研究生として医薬品の研究を行う

1957年

塩素化合物の研究と生産を行い、脂肪酸クロライドの製造開始

1957年

資本金2,000千円で大阪市淀川区に帝國製薬株式会社大阪工場を独立させ、扶桑化学工業株式会社を設立

1962年

食品添加物「リンゴ酸」の製造開始

1962年

大阪市に神崎川工場を設置

1966年

空気酸化を応用したイソブチレン誘導体「PTBBA」の製造開始

1967年

リンゴ酸の海外市場を開拓、輸出を開始する

1969年

輸出貢献企業に認定され、通産大臣より表彰を受ける

1970〜80年代

1971年

神崎川工場に研究棟完成

1972年

現新大阪事業所に本社移転

1973年

堺工場 第1期工事(リンゴ酸大型製造プラント)完成

1975年

・リンゴ酸誘導体として「リンゴ酸ソルト」の開発に成功し、製造を開始 ・FCC規格のリンゴ酸の製造に成功、高純度リンゴ酸の安定的生産開始

1975年

・大阪営業所を開設(現本社) ・営業部内に研究室を設置し、新商品開発の取組みを開始

1978年

リンゴ酸の誘導体として「リンゴ酸ナトリウム」の開発に成功し、製造を開始

1978年

東京出張所を開設

1982年

海苔の雑藻駆除剤「Wクリーン」を海苔養殖業界へ販売

1984年

・リンゴ酸誘導体の応用開発技術が高く評価され、科学技術庁長官賞を受賞 ・福知山工場 第1期工事(PTBBA大型製造プラント)完成

1986年

「クエン酸」の精製を開始

1987年

・「クエン酸ナトリウム」の本格販売開始 ・超高純度「コロイダルシリカ」がシリコンウェハーのファイナルポリシングスラリーの主原料として半導体業界に採用される

1988年

・本社を現在所在地に移転 大阪営業所廃止 ・扶桑興産株式会社(現株式会社扶桑コーポレーション)を設立

1990〜2000年代

1990年

福岡営業所を設置

1994年

青島扶桑精製加工有限公司を設立

1995年

青島扶桑貿易有限公司を設立

2001年

・東京営業所を東京支店、福知山工場を京都工場(現京都第一工場)、堺工場を大阪工場に名称を変更 ・ジャスダック市場に株式を上場

2003年

・青島扶桑第二精製加工有限公司(現扶桑化学(青島)有限公司)を設立

・藤沢薬品工業株式会社(現アステラス製薬株式会社)より国内化成品事業および米国子会社「PMP ファーメンテーションプロダクツ インコーポレイティド」の全株式を買収

2004年

・京都第二工場 第一期工事(倉庫)完成 ・青島扶桑精製加工有限公司上海分公司を設立

2005年

京都第一工場の電子材料製造設備を増強

2006年

東京支店を日本橋本町に移転

2007年

京都第二工場の電子材料製造設備を建設

2008年

・FUSO (THAILAND) CO., LTD.を設立

・株式会社扶桑コーポレーションの子会社として株式会社海洋化学を設立

2010年代〜

2010年

東京支店を改め、東京本社を設置

2011年

・FUSO (THAILAND) CO., LTD. 新工場を建設 ・東京本社を現在所在地に移転

2013年

神奈川県川崎市かながわサイエンスパーク(KSP)内に東京研究所を開設

2014年

三井化学株式会社より有機酸事業を承継し、無水マレイン酸・フマル酸の販売を開始

2014年

経済産業省より「グローバルニッチトップ企業100選」に選定

2015年

東京証券取引所市場第一部に株式を上場

2017年

茨城県神栖市に鹿島事業所を開設

2018年

・監査等委員会設置会社へ移行
・株式会社海洋化学の全株式の譲渡により、同社を連結子会社から除外