ESG -Environment Social Governance-

 

環境 -Environment-

環境方針

扶桑化学工業株式会社 環境方針

理念

当社は、技術を通じて世界に高品質の製品を供給するとともに、企業の社会的責任を認識し、環境保護と環境汚染の予防に努め、社是「限りなき進歩と創造」を推進する。

基本方針

1.事業活動全域にわたり、常に環境側面を意識し環境の保護と環境汚染の予防を推進する。 2.法規制の遵守及び社会的要請を踏まえ環境管理の向上に努める。 3.技術的経済的に可能な範囲でCO2排出抑制、環境汚染物質排出抑制、廃棄物削減、リサイクル化等の環境保全活動を進め、その成果の継続的向上に努める。 4.環境保全に関する従業員の教育・啓発に努める。 5.本方針は従業員全員に周知し、その達成を図るとともに公に宣言する。 平成27年7月1日改定

環境改善活動

事業者クラス分け評価制度
経済産業省資源エネルギー庁では、平成28 年より工場等でエネルギーを使用する事業者に対して更なるエネルギーの使用の合理化を促すため、「事業者クラス分け評価制度」を開始しました。 この制度は、経済産業省へ省エネ法の定期報告を提出する全ての事業者をS・A・B・C の4 段階へクラス分けし、優良事業者を公表する制度で、当社は、平成28年度に引き続き平成29年度においても、経済産業省の事業者クラス分け評価制度においてこれまでの省エネの取り組みが認められ、特に省エネの取組が進んでいる優良事業者としてS ランクの評価を受けました。 当社は、今後とも継続的に環境負荷の低減に取り組み、持続可能な社会の発展に貢献してまいります。 ※事業者クラス分け評価制度では、以下の(1)(2) のいずれかを満たす事業者が省エネ優良事業者(S クラス)として公表されます。 (1) エネルギーの使用に係る原単位(エネルギー消費原単位)または電気需要平準化原単位の5 年間平均原単位変化が1% 以上の低減であること (2) ベンチマーク指標が目指すべき水準を達成していること(ベンチマーク制度の対象業種・分野のみ) 事業者クラス分け評価制度について( 経済産業省資源エネルギー庁HP より) http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/classify/
KES・環境マネジメントシステム・スタンダード ステップ2登録KES:Kyoto(京都)Environmental Management System(環境マネジメントシステム)Standard(スタンダード)
KES は京都議定書の発祥地、京都から発信された「環境マネジメントシステム」の規格で、環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001 の基本コンセプトを活かし構築されています。 当社の京都事業所(第一工場・第二工場)は、環境マネジメント審査の結果において、KES ステップ2 の規格に適合しています。

当社は、技術を通じて世界に高品質の製品を供給するとともに、 企業の社会的責任を認識し、環境保護と環境汚染の予防に努め、 社是「限りなき進歩と創造」を推進してまいります。 【参考】KES の詳細につきましては、ホームページ(http://www.keskyoto.org/)をご参照ください。